泡のヘアカラーで白髪の悩みを解決しよう!

泡のヘアカラー 画像年齢を重ねるごとに、どうしても気になってくる白髪。

 

白髪が出てきた、増えてきた場合は、やはり美容院で
カラーリングしてもらうという方が最も多いでしょう。

 

でも、白髪が生えるごとに美容院に
行くとなると、時間もお金も必要です。

 

泡のヘアカラー 画像一度染めてもすぐに白髪は生えてきますから、

毎回毎回白髪染めにお金を使うより、他のこと
に使いたいと思われる方も多いと思います。

 

でも、白髪は放置しておけば、治るものでは
ないので、何もしなければ、ずっと白いまま…

 

白髪があると、見た目年齢が一気に上がるだけ
ではなく、あまり良い印象も与えないですよね。

 

そこで、選択肢の一つとしてお勧めなのが、
自宅で手軽に白髪を染めることのできる
泡のヘアカラーなんです。

 

泡のヘアカラー 画像自宅で白髪染めを行うとなると、一昔前までは

結構テクニックが必要だったり、面倒なことも
多かったんですが、最近の泡のヘアカラーは、
とても手軽に使えるようになっているんですよ。

 

ほとんどの商品は、ポンプ式で、ボタンを押すと
泡が出てきて、白髪の上に乗せて、少し
時間を置いて洗い流すというものです。

 

泡のヘアカラー ランキング 画像1液と2液を混ぜたり、ブロッキングする必要もない

ので、面倒臭がり屋の方にもぴったりだと言えます。

 

そんな泡のヘアカラーにもたくさんの商品が
あるのですが、当サイトでは中でも人気の
商品の特徴を比較、紹介しております。

 

白髪染めを自宅でやってみたいという方
ぜひご覧いただき、参考にしてみて下さいね。

 

 
LpLpへアカラーフォーム

LpLpへアカラーフォーム

LpLpへアカラーフォームの特徴

一昔前までは、白髪染めと言えば、黒髪の色素を
脱色した上で染めるカラーリングが一般的でしたが、
頭皮に刺激を与え、髪の毛を傷めるのが問題。

そこで、最近人気上昇中なのが、刺激や
ダメージを抑えることのできる泡のヘアカラー。

泡のヘアカラーの中でも、特に頭皮や髪の毛に
優しいと評判なのが、LpLpへアカラーフォーム。

LpLpへアカラーフォームには、
トウモロコシ由来のタンパク質Zeinが配合
されていて、染色後の色を落ちにくく
また、髪の毛にハリを与えてくれるんです。

さらに、頭皮や髪の毛を健康的に導いて
くれるフコダインも含まれているので、
使うごとに状態が良くなっていくんです。

価格 3,780円1,980円
評価 泡のヘアカラー 評価
こだわりの成分 Zein、フコイダン、クチナシ、紅花
嬉しい効果 ヘアカラー、頭皮ケア、美髪ケア
薄毛,抜け毛の予防・改善、保湿ケア
LpLpへアカラーフォームの通販情報

<販売元>
Lplp

<商品の詳しい内容>
サイズ:80g(−ヶ月分)
種類:化粧品
匂い:アロマ
無添加処方:9種類(過酸化水素,香料,パラベン,鉱物油,
脱色剤,シリコン,動物性原料,ジアミン系染料,硫酸銀)

<お買い得プライス>
【割引価格】
通常価格:今だと47%引き
複数購入:−
定期購入:2本初回50%引き
※最小継続回数:1回[初回キャンセル可]

【その他】
配送料:540円
手数料:代引手数料0円
返金保証:全額返金保証あり
特典:定期購入を1年間継続すると、プレゼントあり

 

 

 
泡のレフィーネ

泡のレフィーネ

泡のレフィーネの特徴

髪の毛や頭皮に優しい白髪染め商品を販売する
ヘアケア専門店レフィーネの泡のヘアカラー。

美容成分が26種類も含まれているので、髪の毛を
自然に染めながらも、美髪効果も期待できるんです。

シャンプーするみたいに泡を髪の毛に乗せて、5〜10分
放置するだけ、簡単に使えて、負担になりません。

余った分は取り置きできるので、部分染めに
使用した場合、1回あたりの価格は200円
コスパ抜群の泡のヘアカラーなんです。

価格 3,498円
評価 泡のヘアカラー 評価
こだわりの成分 オトギリソウ、アロエ、ヤグルマキク
マツ、シモツケソウ、キンセンカ
嬉しい効果 ヘアカラー、頭皮ケア、美髪ケア
泡のレフィーネの通販情報

<販売元>
レフィーネ

<商品の詳しい内容>
サイズ:150g(12回分〜)
種類:化粧品
匂い:−
無添加処方:無し

<お買い得プライス>
【割引価格】
通常価格:割引なし
複数購入:−
定期購入:−

【その他】
配送料:600円
手数料:210円
返金保証:−
特典:−

 

 

 
ラサーナヘアカラー

ラサーナヘアカラー

ラサーナヘアカラーの特徴

今問題となっている過酸化水素不使用で、シコンエキス
やウコンエキスなどの植物由来の染色成分で優しく
白髪を染めてくれる泡のヘアカラーです。

美髪効果に優れた海藻エキスも配合されているので、
頭皮や髪の毛を労わりながら染められるのが人気の秘密。

部分染めに使用した場合、1本で最大10回まで
使用でき、コスパがすごく良いのも魅力。

価格 3,024円
評価 泡のヘアカラー 評価
こだわりの成分 シコンエキス、ウコンエキス、グアイアズレン、渇藻エキス
嬉しい効果 ヘアカラー、頭皮ケア、美髪ケア
ラサーナヘアカラーの通販情報

<販売元>
ラサーナ

<商品の詳しい内容>
サイズ:80g(約10回〜12回分)
種類:化粧品
匂い:シトラス&フローラル
無添加処方:無し

<お買い得プライス>
【割引価格】
通常価格:割引なし
複数購入:−
定期購入:−

【その他】
配送料:432円
手数料:0円
返金保証:−
特典:−

 

 

 
シエロ ムースカラー

シエロ ムースカラー

シエロ ムースカラーの特徴

白髪染めと言えば、TVコマーシャルなどでもお馴染みの
ホーユーの商品を思い浮かべる方が多いでしょう。

そんなシエロから販売されている泡の
ヘアカラーが「シエロ ムースカラー」なんです。

山田優さんがCMキャラクターを務める泡の
ヘアカラーで、ツンとする刺激臭を抑えた
フローラルの香りとなっています。

1液と2液を混ぜたりする必要もなく、
ただ、製品をよく振ってプッシュすれば泡が
出てきて、簡単に使うことができる

価格 954円
評価 泡のヘアカラー 評価
こだわりの成分 グレープシードオイル、月見草オイル、ユーカリオイル
アロエエキス、海洋コラーゲン
嬉しい効果 ヘアカラー
シエロ ムースカラーの通販情報

<販売元>
ホーユー

<商品の詳しい内容>
サイズ:100g(−ヶ月分)
種類:医薬部外品
匂い:フローラル
無添加処方:無し

<お買い得プライス>
【割引価格】
通常価格:割引なし
複数購入:−
定期購入:−

【その他】
配送料:648円
手数料:324円
返金保証:−
特典:−

 

 

 
ブローネ泡カラー

ブローネ泡カラー

ブローネ泡カラーの特徴

ブローネ泡カラーは、1液と2液の混合液を作って
塗るタイプのスタンダードな泡のヘアカラー。

広口のボトルに2液を注いで混ぜる
だけで簡単に混合液を作れて、ボトルを
押せば泡になって出てきます。

そして、泡がクリームになるのがポイントで、クリームが
より白髪に密着して、しっかり染めてくれるんです。

価格 974円
評価 泡のヘアカラー 評価
こだわりの成分 ローヤルゼリーエキス、キューティクルケア成分
シルクエッセンス
嬉しい効果 ヘアカラー
ブローネ泡カラーの通販情報

<販売元>
ブローネ

<商品の詳しい内容>
サイズ:100mL(1回分)
種類:医薬部外品
匂い:−
無添加処方:無し

<お買い得プライス>
【割引価格】
通常価格:割引なし
複数購入:−
定期購入:−

【その他】
配送料:648円
手数料:324円
返金保証:−
特典:−

 

 

 
ポンプフォームカラー

ポンプフォームカラー

ポンプフォームカラーの特徴

近年、1回使い切りではなく、余った分は取り
置きできる泡のヘアカラーが増えてきました。

でも、中身を使い切ったらボトルは捨てる商品が
ほとんどですが、ポンプフォームカラーは、
ボトルも再利用できるので、コスパが抜群の上、
環境にも優しい泡のヘアカラーとなっている。

価格 498円
評価 泡のヘアカラー 評価
こだわりの成分 Wアミノ酸、ローズヒップオイル、ツバキオイル
嬉しい効果 ヘアカラー
ポンプフォームカラーの通販情報

<販売元>
ホーユー/ビゲン

<商品の詳しい内容>
サイズ:100mL(1回分)
種類:医薬部外品
匂い:フローラル
無添加処方:無し

<お買い得プライス>
【割引価格】
通常価格:割引なし
複数購入:−
定期購入:−

【その他】
配送料:648円
手数料:324円
返金保証:−
特典:−

 

 

 
泡のヘアカラーEX

泡のヘアカラーEX

泡のヘアカラーEXの特徴

これまでの泡のヘアカラーと言うと、女性向けの
商品が主でしたが、「泡のヘアカラーEX」は
男性向けに作られた製品です。

髪の毛に塗って放置する時間は5分、長風呂の
習慣のない男性にとって嬉しい泡のヘアカラー。

また、色が抜ける内に赤っぽくなる心配もありません。

価格 754円
評価 泡のヘアカラー 評価
こだわりの成分 ローヤルゼリー、海藻エキス
シルクプロテイン、植物性プロテイン
嬉しい効果 ヘアカラー
泡のヘアカラーEXの通販情報

<販売元>
サロンドプロ

<商品の詳しい内容>
サイズ:80g(1回分)
種類:医薬部外品
匂い:ローズヒップ
無添加処方:3種類(アンモニア,鉱物油,シリコン)

<お買い得プライス>
【割引価格】
通常価格:割引なし
複数購入:−
定期購入:−

【その他】
配送料:648円
手数料:324円
返金保証:−
特典:−

 

 

 
泡タイプのヘアカラーフォーム

泡タイプのヘアカラーフォーム

泡タイプのヘアカラーフォームの特徴

数ある泡のヘアカラーの中でも、人気の化粧品
メーカー「ドクターシーラボ」が販売する商品。

泡のヘアカラーの他にも、白髪隠しやトリートメントタイプ
も販売されていて、併用して使っている方も多い。

空気で染めるタイプで、髪の毛や頭皮に優しいのが魅力。

価格 3,780円
評価 泡のヘアカラー 評価
こだわりの成分 グアイアズレン、シコンエキス、クチナシエキス
真珠エキス、アボガドエキス、海藻エキス
嬉しい効果 ヘアカラー、頭皮ケア
泡タイプのヘアカラーフォーム通販情報

<販売元>
ドクターシーラボ

<商品の詳しい内容>
サイズ:100g(10回分)
種類:医薬部外品
匂い:シトラスグリーン・フローラル
無添加処方:2種類(鉱物油,パラベン)

<お買い得プライス>
【割引価格】
通常価格:割引なし
複数購入:−
定期購入:−

【その他】
配送料:324円
手数料:324円
返金保証:−
特典:−

 

 

 
ヴィアロップ ヘアカラーフォーム

ヴィアロップ ヘアカラーフォーム

ヴィアロップ ヘアカラーフォームの特徴

ヴィアロップ ヘアカラーフォームは、
過酸化水素不使用、脱色せずに、空気の力で
白髪を染めるタイプの泡のヘアカラーです。

美髪成分や育毛成分も含まれているので、髪の毛や
頭皮に負担をかけず、健康な状態に導いてくれます。

価格 2,700円
評価 泡のヘアカラー 評価
こだわりの成分 オリーブオイル、ホホバオイル、シアオイル
ボタンエキス、コンフリーエキス、天然植物成分
嬉しい効果 ヘアカラー、美髪ケア
ヴィアロップ ヘアカラーフォーム
の通販情報

<販売元>
レヴール

<商品の詳しい内容>
サイズ:80g(−ヶ月分)
種類:医薬部外品
匂い:フレッシュグリーン・フローラル
無添加処方:無し

<お買い得プライス>
【割引価格】
通常価格:割引なし
複数購入:−
定期購入:−

【その他】
配送料:490円
手数料:324円
返金保証:−
特典:−

 

 

 
ステップカラー

ステップカラー

ステップカラーの特徴

サクセスステップカラーは、髪の内部まで染める
のではなく、髪の毛のキューティクルを黒髪色素で
染めてくれる負担の少ない泡のヘアカラー。

男性など、一気に白髪を真っ黒にするのに
抵抗がある人にぴったりの泡のヘアカラーで、
徐々に白髪を染め、黒髪を増やしてくれる。

価格 1,268円
評価 泡のヘアカラー 評価
こだわりの成分 ユーカリエキス、ジヒドロキシインドール
嬉しい効果 ヘアカラー
ステップカラーの通販情報

<販売元>
サクセス

<商品の詳しい内容>
サイズ:110g(−ヶ月分)
種類:化粧品
匂い:−
無添加処方:−

<お買い得プライス>
【割引価格】
通常価格:割引なし
複数購入:−
定期購入:−

【その他】
配送料:450円〜
手数料:324円
返金保証:−
特典:−

 

 

 
泡のヘアカラー エクストラリッチ

泡のヘアカラー エクストラリッチ

泡のヘアカラー エクストラリッチの特徴

非常に手軽に使えて、コスパの良い泡のヘアカラー。

濃密できめ細かな泡が髪の毛に絡みついて、
垂れ落ち等の心配もなく、髪の毛の内側など、
染まりにくい部分もきちんと染め上げてくれます。

美髪成分も配合されていて、髪の毛の
ダメージを軽減してくれる。

価格 1,027円
評価 泡のヘアカラー 評価
こだわりの成分 ローヤルゼリー、パールエキス、アンズエキス
海藻エキス、シルクプロテイン、植物性プロテイン
嬉しい効果 ヘアカラー、美髪ケア
泡のヘアカラー エクストラリッチ
の通販情報

<販売元>
サロンドプロ

<商品の詳しい内容>
サイズ:100ml(約1回分〜)
種類:医薬部外品
匂い:−
無添加処方:−

<お買い得プライス>
【割引価格】
通常価格:割引なし
複数購入:−
定期購入:−

【その他】
配送料:648円〜
手数料:324円
返金保証:−
特典:−

 

当サイトのランキングは各泡のヘアカラーの販売実績や口コミサイト

(@cosme,YahooBeauty,amazon,楽天)の評価を元に順位づけをしています。

 

泡のヘアカラーランキングの比較一覧

当サイトでご紹介しました泡のヘアカラーランキングを、
一覧で比較すると、次の様になります。

 

画像をクリックすると拡大できます
泡のヘアカラー ランキング 画像
表示価格:すべて税込での価格

 

 

今、一番人気でお勧めの泡のヘアカラーは、LpLp(ルプルプ)から
販売されている「LpLpへアカラーフォーム」です。

 

LpLpへアカラーフォーム 画像

 

近年、白髪染めと言えば、自宅で泡のヘアカラーを
使って染めているという方も増えてきています。

 

人気上昇中の泡のヘアカラーですが、数ある商品の中でも、
特に人気が高いのが、「LpLpへアカラーフォーム」です。

 

人気の秘密は、これまでの泡のヘアカラーみたいに、
頭皮や髪の毛に対する刺激が全くなく、頭皮が
弱い方や、髪の毛のダメージが気になる方でも
安心して利用できるようになっているためです。

 

頭皮にピリピリと刺激を与える元になるジアミン系
染料や、脱色や色持ちに効果的な過酸化水素、
シリコンや鉱物油、香料など全部で9種類もの
添加物を使用していない
泡のヘアカラーなんです。

 

LpLpへアカラーフォーム 画像

 

ジアミン系染料と過酸化水素を配合しないことで、
化学的な刺激臭は防げますが、そこに天然アロマ
香りがプラスされていて、リラックスしながら染める
ことができるようになっているんです。

 

モチモチの濃密泡が出てくるので、もみあげや生え際、
分け目、かきあげた時に見える内側など、染めにくい部分も、
しっかり染色できて、後日、「あれ?染まってなかったなぁ」
と、がっかりするようなこともないと思います。

 

多くの女性に大人気となっているLpLpへアカラーフォーム、
今なら初回は定期コース(2本)が、47%引きで購入でき、
実質1本は無料で付いてくるチャンスなんです。

 

当サイトからも、LpLpへアカラーフォームへの
公式通販サイトをご案内しておりますので、白髪ケアで
お悩みの方は、ぜひ、この機会に、お試しになりませんか?

 

白髪の悩みを一気に解消できるかもしれませんよ。

 

 

LpLpへアカラーフォーム

 

 

泡のヘアカラー ランキング

 

泡のヘアカラーに配合されている成分と効果について

泡のヘアカラー 画像最近、自宅で簡単に白髪を染められることで

人気が高まっている泡のヘアカラー。

 

泡のヘアカラーは、髪の毛や頭皮に優しいと
支持されていますが、どんな成分が含まれていて、
どんな効果を期待できるのでしょうか?

 

この記事では、泡のヘアカラーに配合されている
成分と効果について調べてみました。

 

 

脱色成分

泡のヘアカラー 成分 画像

 

髪の毛を染めるには、髪の毛の表面だけを染める方法
(ヘアーマニキュアなど)と、髪の毛の芯まで色を
浸透させる方法(カラーリング)があります。

 

髪の毛の芯まで色を浸透させるには、髪の毛の
キューティクルを一時的に分解する必要がありますが、
そこで使用されるのが、過酸化水素

 

1剤と2剤を混ぜて混合液を作って染めるタイプの
泡のヘアカラーは、2剤にこの過酸化水素が
含まれている商品が多いようです。

 

過酸化水素はアルカリと反応すると、酸素が発生する
のですが、髪の毛が酸化すると、メラニン色素が
抜けるという仕組みになっているんです。

 

髪の毛の色を一度脱色してから、染料を
浸透させると、髪の毛が染まりやすくなりますし、
その色が持続しやすいのです。

 

髪の毛を脱色して染める泡のヘアカラーは、元々の
髪の毛の色より明るい色に染めることもできるのです。

 

また、過酸化水素には、染料を発色
させるという効果もあります。

 

 

白髪染めの染料

泡のヘアカラーには、もちろん、白髪を黒く染める
効能を持つ染色成分が含まれています。

 

その染色成分は大きくわけると、
化学染料と、植物由来染料とがあります。

 

【化学染料】

化学染料は、植物由来染料よりも、染色力は
高いのですが、どうしても髪の毛や頭皮への
刺激が強く、ダメージも大きいのが問題です。

 

化学染料の中でも、刺激が比較的
弱いものから、強いものまであります。

 

刺激が比較的弱い染料としては、
4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノールがあります。

 

そして、刺激が強いものには、パラフェニレンジアミン
などがありますが、染色能力に優れていて、
カラーリングなどに使用されることが多いです。

 

 

【植物由来染料】

泡のヘアカラー 成分 画像

 

植物由来成分は、髪の毛や頭皮への
刺激が少なく、優しく染めてくれるのが特徴。

 

負担が少ないだけに、染色力は
弱いというのがデメリットでもあります。

 

泡のヘアカラーに配合されることの多い植物由来染料には、
ウコンや紫紺、アナトー、昆布、クチナシなどがあります。

 

昆布には、染色効果のほか、髪の毛を
補修したり、保湿効果
もあると有名です。

 

 

保湿成分や毛髪保護成分など

泡のヘアカラーには、頭皮や髪の毛への負担を
軽減するために、保湿成分や毛髪保護成分が
含まれるものも多くなっています。

 

頭皮に潤いを与えてくれるローヤルゼリーや植物エキス、
髪の毛を守るシルクエッセンスなどが使用されます。

 

また、昆布のフコダインという成分が配合
されることも多く、粘り成分が頭皮や髪を
保護して、刺激から守ってくれます。

 

 

泡のヘアカラー ランキング

 

 

泡のヘアカラー、どんな種類、色から選べるの?

泡のヘアカラー 色 画像白髪を染めるための泡のヘアカラー、どんな

種類から選ぶことができるのでしょうか?

 

一般的に市販されている白髪染めやヘアカラー、
どんな種類があるか調べてみました。

 

 

ヘアカラーのタイプについて

 

【ヘアカラー】

泡のヘアカラー 色 画像

 

髪の毛を一度脱色した上で、染色料で
髪の毛を染めるやり方です。

 

髪の内部のコルテックスという部分まで、染料が浸透
するため、一度染めたら、色落ちが少ないのが魅力です。

 

 

【ブリーチ】

髪の毛の色を、薬剤で脱色し、髪の毛の色を明るくします。

 

薬剤で、メラニン色素を分解する
ことで、髪の色を抜く方法
です。

 

一気に髪色を明るくできるのですが、髪の毛や
頭皮へのダメージが大きいと言えます。

 

 

【ヘアマニキュア】

髪表面のキューティクルや、そこに近いコルテックスを
染めることで髪の毛を染めるやり方です。

 

ヘアカラーやブリーチみたいに、髪の毛を
脱色せずに、色をつけるので、頭皮や
髪の毛へのダメージは少なくてすみます

 

ただ、色が髪の表面付近にしか乗らないので、
色は、数週間程度しか持たないのがデメリットです。

 

 

【カラーシャンプー&カラートリートメント】

泡のヘアカラー 色 画像

 

シャンプーやトリートメントに染料が含まれていて、
使うごとに徐々に髪の毛を染めていけるタイプ

 

少しずつ髪の色を染めたい時に使いたいアイテムです。

 

 

【白髪隠しなど、一時的なカラー】

お出かけ前など、気になる白髪を、ささっと隠す
ことのできる白髪隠しなどは、髪の表面に
一時的に色をつけるものになります。

 

髪の表面に染料が付いているだけなので、
シャンプーすればすぐに落とせます。

 

突然髪色を変えないといけない状況や、一時的に
髪の色を変えてみたい時などに使えます。

 

 

ヘアカラーとヘアマニキュアの違い

泡のヘアカラー 色 画像

 

白髪染めと言ったら、ヘアカラーかヘア
マニキュアで染めることが多いと思います。

 

ブリーチだけだと、髪の毛の色を抜くだけなので、
白髪に色を付けることはできません。

 

ヘアカラーだと、一旦脱色した上で、髪の毛の内部まで
着色料を浸透させるので、白髪を一気にしっかり
染め上げることができ、色も長持ちするんです。

 

ヘアマニキュアは、髪の表面付近にしか色が付かないので、
負担は少ない分、持ちが悪いという難点もあります。

 

お出かけ前など一時的に白髪を隠したい時には、
一時的なカラーを使用することもあります。

 

 

クリーム、ムース、泡のヘアカラーの特徴について

白髪染めには、クリームやムース状、
泡のヘアカラーなどの種類があります。

 

クリーム状のタイプは、コームみたいな
ノズルと一体型になったものがほとんどです。

 

クリームタイプは、髪の毛にムラなく塗布しないと、
色ムラができてしまうので、結構テクニックが必要です。

 

ムースや泡のヘアカラーは、ポンプから泡を出して
使うようになっていますが、泡を手に一度取り
出してから髪の毛に置くので、ムラなく髪全体を
染められるというメリットがあります。

 

ムースや泡のヘアカラーは、クリームタイプより、髪の毛全体に
ムラなく塗布しやすいため、白髪染めに不慣れな方でも、
最初から割とキレイに染めることができる
と好評のようです。

 

 

泡のヘアカラー ランキング

 

泡のヘアカラー、市販で買える商品の種類について

泡のヘアカラー 市販 画像自宅で簡単に白髪を染められることから人気の泡の

ヘアカラー、市販でも多くの商品が販売されています。

 

薬局やドラッグストアに置いてある商品も
たくさんありますが、具体的にどんな泡の
ヘアカラーがあるのか調べてみました。

 

 

1剤&2剤の混合液で染める泡のヘアカラー

泡のヘアカラー 市販 画像

 

泡のヘアカラーをドラッグストアなどで購入しようと、
商品を見てみると、1剤と2剤を混ぜ合わせた液で
染めるタイプの商品が一番多いみたいです。

 

ブローネやシエロ、ビゲンなど有名なメーカーの
泡のヘアカラーは、このタイプになります。

 

黒髪を染めるためのヘアカラーの
リーゼも、このタイプのカラーリングです。

 

ブローネやシエロの白髪用の泡のヘアカラーは、
1剤と2剤の薬液を混ぜ合わせたら、液が
泡になってボトルから出てきます。

 

それを手の平に取り出してから、髪の毛に
塗布して、白髪を染めるという手順になります。

 

でも、パルティの泡のヘアカラーは、1液と2液の
混合液を作るのは同じなんですが、カップ内で、
ベースウォーターにクリームを入れて、スプーンで
くるくる混ぜ合せて泡を作るようになっています。

 

クリーム状の白髪染めにも、ディオーサのクリームタイプ
の様に、1液と2液を混ぜ合わせたクリームを、
コームブラシで白髪に塗布するものもあります。

 

泡のヘアカラーを販売しているブローネやシエロは、
クリームタイプの白髪染めも取り扱っています。

 

様々なメーカーから、色んなタイプの白髪染め
市販されているので、どれを選べばよいか?
本当に迷ってしまいそうです。

 

ドラッグストアを覗いてみると、本当に色んな
泡のヘアカラーが置いてありますから、実際手に取り、
比較して、自分に合うものを選ぶようにしましょう。

 

 

混合不要の泡のヘアカラー

泡のヘアカラー 市販 画像

 

1液と2液を混ぜる必要がなく、ボトルからそのまま
泡が出てくる泡のヘアカラーも市販されています。

 

例えば、ドクターシーラボのヘアカラーフォームや
ヴィアロップのヘアカラーフォームなどがあります。

 

1剤と2剤を混ぜ合わせるタイプの白髪染めは、1回で使い
切らないといけないものが多い中、混合不要タイプの
泡のヘアカラーは、取り置きできるのがメリットです。

 

必要な量だけ使い、残った分はそのまま保存
できるので、リタッチや部分染めにもぴったりです。

 

 

男性用と女性用の泡のヘアカラー

泡のヘアカラーは、女性用製品と
男性用製品にわかれています。

 

白髪を染めるメカニズムは男女とも同じなので、女性用
製品を男性が使用しても、特に問題ないと言えます。

 

でも、男性用製品は、男性が染めやすいようにできている
ので、男女専用の泡のヘアカラーを使う方が良さそうです。

 

男性は、女性と比べて、短髪の方が多いので、放置
時間が短く、より手軽に使用できるようになっています。

 

男性用製品は、落ち着いた黒色などがほとんどで、
女性用と比べると色の選択肢が少ない場合もあります。

 

泡のヘアカラーは、短髪の男性でも泡タレの心配がないようです。

 

女性用の泡のヘアカラーも販売しているサロンドプロ
からは、男性向けの泡のヘアカラーも出ています。

 

他にも、男性用製品は色んなメーカーから市販されて
いるので、以前より選択肢が増えたと言えるでしょう。

 

 

泡のヘアカラー ランキング

 

 

泡のヘアカラー、使い方のコツについて

泡のヘアカラー 画像近年、泡のヘアカラーの種類も豊富になってきて、

自宅で手軽に染めることができると人気が高っています。

 

では、ムラなく美しく染めるための
コツなんてあるのでしょうか?

 

ここでは、泡のヘアカラーの基本的な使い方や
染め方のコツについて調べてみました。

 

 

泡のヘアカラーの基本の使用方法

泡のヘアカラー コツ 画像

 

泡のヘアカラーにも種類があり、1剤と2剤を混ぜ合わせ、
その混合液で染めるタイプの商品もあります。

 

混合液を作る必要がなく、ボトルをそのまま
良く振って泡を出すものや、振らずに上下を
返して混ぜるタイプの商品もあるので、各商品の
説明書をよく読んでから、染めるようにしましょう。

 

付属の手袋をつけて、手の平に泡を取り出します。

 

それから、ざっくり分けた髪の毛の根元、
生え際、分け目などに泡をたっぷり乗せます。

 

それら全体に伸ばしていき、全体的に馴染むように揉みこみ
指定された放置時間おいたら、しっかり洗い流します。

 

だいたい、20分くらい放置する商品が多いと思います。

 

洗い流しは、お湯に色が移らなくなるまで、しっかり
濯いで、シャンプー、トリートメントに移ってください。

 

 

整髪料を洗い落としてから染める

髪の毛にムースなどの整髪料がついていると、
泡のヘアカラーの成分が反応しにくくなります。

 

もし、整髪料を付けていたら、最初に洗い
流し、ドライヤーでしっかり乾かしてから
染めるのがキレイに染めるコツです。

 

 

染め方のコツについて

白髪をしっかり染め上げるには、染まりにくい部分に
ついては、最初に多めの泡を付けることが大切です。

 

髪が絡まっていると、ムラができることもあるので、放置する
前に、手櫛などでしっかり髪をとかしておくことも大事です。

 

白髪が集中して生えている顔周りが染まりにくいと
言われるので、そこにたっぷり泡を乗せます。

 

また、後頭部や襟足など、泡を付けにくい
場所にも、たっぷり付けるように意識しましょう。

 

泡が全体的に行き渡ってから、最後に、白髪の多い
部分に再度重ね塗りすると効果的でしょう。

 

 

温度に気を付ける

泡のヘアカラー コツ 画像

 

髪の染まり具合は、温度に左右されます。

 

温度が高い方が、反応が早く染まりやすいそうです。

 

泡のヘアカラーを使用するのに適した室温は、
20〜30度で、その温度での放置時間となっています。

 

寒い時期には、室内の温度を温めてから
使用したり、髪の毛をドライヤーで温めてから
染めるといった工夫も有効です。

 

 

洗い流した後は、シャンプーを2回

泡のヘアカラー コツ 画像

 

泡のヘアカラーを濯ぎ終わった後の、
シャンプーは、2回行って、しっかり染料を洗い
流すことを奨めている商品が多いようです。

 

薬剤の洗い残しがあると、頭皮の荒れや
ムラ、タオルに色移りする恐れがあります。

 

最後には、丁寧にきちんと染料を洗い流すことが大切です。

 

 

着色タイプの泡のヘアカラーについて

脱色せずに色をつけるタイプの泡のヘアカラーは、
一度でしっかり染まるものではありません。

 

徐々に色が染まってくるものなので、
何度か続けて染めるようにして下さい。

 

また、一度染めても、色が永久的に持つわけではない
ので、染めるのをやめると、色は段々抜けてしまいます。

 

髪や頭皮に優しい分、使い続ける必要があります。

 

 

泡のヘアカラー ランキング

 

泡のヘアカラーは色落ちしやすいの?

泡のヘアカラー 色落ち 画像泡のヘアカラーで白髪染めをしても、なかなか

上手く染まらないということもあるでしょう。

 

あと、副作用について心配される方もいらっしゃるでしょう。

 

この記事では、泡のヘアカラーで白髪がうまく染まらない
のは何故なのか?副作用などについて調べてみました。

 

 

上手く染まらないのは何故?

泡のヘアカラーのメリットとして、髪に馴染ませ
やすく、全体に行き渡らせることができて、ムラに
なりにくいということで、人気があります。

 

でも、泡のヘアカラーの染色力は、どうしても
クリームタイプより劣ると言われています。

 

それは、泡状にするための空気の粒、成分などの
ためなんですが、十分な量を使うと、染まりにくく、
色落ちしやすいということはないでしょう。

 

染まりが悪い原因としては、泡のヘアカラーの量を
節約してしまって、足りないということが考えられます。

 

泡のヘアカラーは、1回で使い切らないといけない商品も
ありますが、余ったら次回に取り置きできる商品もあります。

 

取り置きできる商品は特に、次回分にとっておこうと
節約し過ぎる方もいらっしゃいますが、そうすると、
上手く染まりにくいので、きれいに染めるためには
十分な量を使うことが大切です。

 

 

一度ではしっかり染まらない?

泡のヘアカラーの商品次第では、一回染めた
だけでは、完全に染まらないタイプもあります。

 

特に、脱色せずに髪の毛の表面に色をつける
タイプの泡のヘアカラーは、一回で完全に染める
のではなく、徐々に染まっていくようになっています。

 

何回か続けて染めていく必要がありますが、一気に
染めるより、突然真っ黒になることながいので、周りへの
違和感がなく、男性などで特に初めて白髪染めをする
方にとっては、ぴったりのタイプかもしれませんね。

 

 

もともとの髪色よりは明るくならない?

泡のヘアカラー 色落ち 画像

 

泡のヘアカラーには、脱色した上で髪の毛の内側まで
染料を浸透させて染めるタイプの商品と、脱色せず、
髪の表面に着色するタイプの商品があります。

 

髪の毛を脱色しない泡のヘアカラーの場合、もともとの
髪色以上に明るい色に染めることはできません。

 

もともとの髪色の上に色を付けるので、髪への
ダメージは少ない分、大幅に明るくはできません。

 

 

泡のヘアカラーに副作用はないの?

泡のヘアカラー 色落ち 画像

 

泡のヘアカラーは、化粧品や医薬部外品に
属するものがほとんどですが、副作用が
起きる可能性もゼロではないようです。

 

泡のヘアカラーは、どうしても頭皮に直接
塗布することになるため、配合されている薬剤で、
副作用が起きる可能性もあります。

 

特に、刺激の強い薬剤として知られるジアミンや
過酸化水素、アミノフェノール
が含まれている
場合、肌荒れなどが起きる可能性があります。

 

特に、ジアミンは体に良くないと言われているので、この
成分の入った泡のヘアカラーを使用する時には、説明書を
しっかり読んで取扱いに注意する必要があります。

 

使用前に、パッチテストを行うとより安心して使用することができます。

 

パッチテストのやり方としては、腕などの内側に
少量塗布して、48時間様子を見ますが、塗布してから
30分後にも一度異常がないかどうかチェックして下さい。

 

そして、48時間後にも異常がなければ、
実際、白髪染めをしてみましょう。

 

もちろん、30分後、48時間後以外のタイミングでも、
痒みなど何か異常が生じたら、パッチテストをただちに
やめて、その商品は使わないようにして下さい。

 

 

泡のヘアカラー ランキング

 

 

泡のヘアカラーでおすすめできる人気商品は?

泡のヘアカラー 人気 画像自宅で気軽に白髪を染めることができるとして、

泡のヘアカラーの人気が高まっています。

 

泡のヘアカラーにも色んな種類の商品が販売されて
いるので、迷ってしまうという方もいらっしゃるでしょう。

 

そこで、この記事では、人気の泡のヘアカラーの中でも
特におすすめの商品についてご紹介したいと思います。

 

 

2剤式の泡のヘアカラー

1液と2液を混ぜて、混合液を作って白髪を染める、
いわゆる2剤式の泡のヘアカラーもあります。

 

代表的な商品としては、ブローネ泡カラーや、
シエロムースカラーがあります。

 

2剤式の泡のヘアカラーには、脱色成分も
含まれるため、髪の毛の内側まで染料を浸透
させることができ、しっかり染まるのが魅力です。

 

もともとの髪の毛の色を明るくすることもできるので、
髪色を明るくしながら白髪を染めることもできます。

 

髪色を明るくしたい、一回でしっかり染め上げたい
方にぴったりの泡のヘアカラーと言えます。

 

 

LpLpへアカラーフォーム

LpLpへアカラーフォーム 画像

 

LpLpへアカラーフォームは、頭皮や髪の毛に負担の
少ない泡のヘアカラーとして人気の商品です。

 

1液と2液、混ぜて使うタイプの商品ではないので、
使いたい分だけ使って、あとは取り置きができて便利。

 

クチナシや藍、紅花などの植物由来の染料で白髪を染めます。

 

染色力は、どうしても化学染料より劣り
ますが、刺激が少ないので、髪の毛や頭皮に
優しく染められるのが一番のメリットです。

 

脱色してから白髪を染めるタイプではないので、
何回か使っていく内に、少しずつ染まる
タイプの泡のヘアカラーとなります。

 

脱色せずに、髪の毛の表面近くを着色するタイプの
泡のヘアカラーは、色落ちしやすい弱点があります。

 

でも、LpLpへアカラーフォームには、トウモロコシ由来の
Zeinという成分が含まれていて、キューティクルを
整えることで、色落ちを防ぐように工夫されています。

 

また、Zeinの働きで、髪の毛にハリも出ます。

 

さらに、保湿成分が7種類配合されていて、
健康的な髪の毛、頭皮に導いてくれるんです。

 

 

泡のレフィーネ

泡のレフィーネ 画像

 

泡のレフィーネも、1液と2液、混ぜる必要のない
タイプなので、手軽に使えると人気があります。

 

泡のヘアカラーは、乾かした髪に使うものがほとんど
だと思いますが、泡のレフィーネは、シャンプー後、
タオルドライした髪の毛に使える
のが特徴です。

 

整髪料を付けた髪の毛に泡のヘアカラーを使うと、
染まりが悪くなるので、シャンプーしてきちんと
落とす必要がありますが、そういう場合も、
泡のレフィーネなら、手軽に使用できますね。

 

シャンプーとトリートメントの間で、白髪を染める
ことができますから、お風呂で簡単に使用できます。

 

さらに、アロエやオトギリソウ、カミツレといった
天然成分が26種類も配合されていて、髪の毛と
頭皮に優しく染められるようになっています。

 

1度でしっかり染まる商品ではありませんが、
髪の毛や頭皮に負担をかけず、お風呂で手軽に
使えるのが魅力の泡のヘアカラーとなっています。

 

 

最もおすすめなのは「LpLpへアカラーフォーム」

LpLpへアカラーフォーム 画像

 

人気商品がたくさんある中、最もおすすめ
したいのはLpLpへアカラーフォームです。

 

それは、頭皮や髪の毛に負担をかけずに
染めることができること、そして、繰り返し染めて
いくと、ナチュラルな仕上がりになるからです。

 

自宅で初めて白髪染めをしてみる方にも
使いやすい
泡のヘアカラーだと言えるでしょう。

 

LpLpへアカラーフォームは、ドラッグストアなどでは
手に入らず、公式通販サイトでの取り扱い
となりますが、お得に買うことができます。

 

白髪染めを定期的に購入したい方のために、
お得な定期コースもあって利用しやすいです。

 

 

泡のヘアカラー ランキング

 

泡のヘアカラー、男性用でおすすめの商品は?

泡のヘアカラー 男性 画像泡のヘアカラーには色んな種類の商品が

ありますが、男性用の商品も充実しています。

 

考えてみれば、髪の毛を染めるメカニズムは、
男女同じなので、男性が女性用を使ったら
いけないというわけではありません。

 

でも、メンズ製品は、短髪でも染めやすいようになって
いたり、男性でも使いやすい工夫が施されているようです。

 

この記事では、男性用泡のヘアカラーとして
人気の商品についてご紹介しています。

 

 

男女共用で染められるLpLpへアカラーフォーム

LpLpへアカラーフォーム 画像

 

LpLpへアカラーフォームは、男女共用で
染めることのできる泡のヘアカラーです。

 

髪の毛が太くて短い男性でも染めやすくなっています。

 

化学染料を含まず、脱色しないタイプなので、
1回でしっかり染めるタイプではありません。

 

でも、濃厚な泡が髪の毛にしっかり絡まり
何回か使っていく内に、徐々に染まっていきます。

 

白髪をいかにも染めました!というのが
嫌な方にも使いやすい泡のヘアカラー。

 

トウモロコシ由来のZeinという成分が配合されている
ので、色を維持しやすく、髪の毛にハリが出てきます。

 

髪の量が少なくなってきたという男性にも、
おすすめしたい泡のヘアカラーです。

 

 

サクセスステップカラー

ステップカラー 画像

 

サクセスステップカラーは、脱色せずに、天然由来の
染料で髪の毛の表面に着色
するタイプの泡のヘアカラー。

 

白髪を1回でしっかり黒く染め上げることはできませんが、
髪や頭皮へのダメージが少なく、白髪の目立たない
ナチュラルな仕上がりになると好評です。

 

使用を止めると、徐々に元の白髪に戻りますが、
放置時間がたった5分なので、継続して利用
しやすい泡のヘアカラーだと言えるでしょう。

 

 

泡のヘアカラーEX

泡のヘアカラーEX 画像

 

サロンドプロの販売する男性用の泡のヘアカラー。

 

1剤と2剤を混ぜた泡で染めるタイプになりますが、自分で混合
する必要はなく、箱から出したボトルを振って簡単に使えます。

 

放置時間はたったの5分、なのに、しっかり白髪を染められるのが魅力。

 

刺激の強いアンモニアやシリコン、鉱物油は使用されていません。

 

また、髪のダメージを軽減するために、シルクプロテインや
植物性プロテイン、ローヤルゼリーエキス、
海藻エキスも含まれています。

 

 

男性にも一押しのLpLpへアカラーフォーム

LpLpへアカラーフォーム 画像

 

男女共用で使える泡のヘアカラーもいくつかありますが、
特にお勧めなのが、LpLpへアカラーフォーム。

 

LpLpへアカラーフォームは、髪の毛や頭皮に優しく自然に
染めてくれて、髪の毛にハリを与える効果も期待できます。

 

なので、年齢を重ねるにつれ、白髪はもちろん、
薄毛も気になる男性に非常にお勧めなんです。

 

 

泡のヘアカラー ランキング

 

 

泡のヘアカラーの口コミ評価・評判は?

泡のヘアカラー 口コミ 画像年齢とともに気になってくる白髪を自宅で

手軽に染められると人気の泡のヘアカラー。

 

実際、泡のヘアカラーで染めた方は、
どういう評価をしているのでしょうか?

 

この記事では、実際使ってみた方が
どのような感想を持っていて、どう
評価しているのか?調べてみました。

 

 

泡のヘアカラーとクリームタイプどっちが人気なの?

泡のヘアカラー 口コミ 画像

 

白髪染めには、泡のヘアカラータイプの他、
クリームタイプのカラーリング剤もあります。

 

もちろん、それぞれ良い面があります。

 

クリームタイプのカラーリング剤に対する口コミを
見たら、生え際や分け目など、白髪の
気になる部分を染めるのに使いやすい
言われている方が多いみたいです。

 

クリームタイプは、付属のクシなどに取り出して
染めるのが一般的ですが、それが面倒だったり、
全体的に塗り広げにくいといった声もあるようです。

 

それに対して、泡のヘアカラーは、髪の毛
全体を染めるのに使いやすいみたいです。

 

泡のヘアカラーは、手の平に泡を取り出して、髪の毛に
広げる商品が多く、髪の毛に簡単に馴染ませることが
できるので、クリームタイプより、全体染めがしやすい
書かれているレビューが多いですね。

 

 

泡のヘアカラーは染まりが悪い?

泡のヘアカラーは、クリームタイプのカラーリング剤と
比較して、染まりが悪いという事はあるのでしょうか?

 

実際、泡のヘアカラーを使ってみた方の口コミを
みましたが、泡のヘアカラーだからといって
染まりが悪いということはないようです。

 

染まりにくかったと書かれている方も中にはいらっしゃい
ますが、その原因としては、放置時間が指定された時間より
短かった、泡の量が十分でなかった、部屋の温度が
低かったといったことが考えられると思います。

 

染色力に関しては、やはり一度髪の色を脱色した上で色を
つけるタイプの、2剤式の泡のヘアカラーの方が上のようです。

 

2剤式の泡のヘアカラーで染めると、一度で
しっかり染まったと言われている方が多いです。

 

 

泡のヘアカラーは使い勝手が良い

泡のヘアカラーの体験談を見ると、その
使いやすさを評価されている方が多いですね。

 

泡だと、髪の毛全体に広げやすいみたいです。

 

白髪染めを自分でするのが面倒だと思っていた方や、
初めて白髪染めをする方から好評ですね。

 

 

口コミで人気の高い泡のヘアカラーは?

泡のヘアカラー 口コミ 画像

 

泡のヘアカラーにも色んな商品が販売されて
いますが、人気が高いのは、髪の毛や頭皮に
優しく、少しずつ染めていけるタイプです。

 

髪の毛や頭皮への負担の少ない泡のヘアカラーは、
染色力が劣るのですが、徐々に染めていくので、
いかにも白髪を染めたという印象ではなく、
ナチュラルな仕上がりになると人気があります。

 

いかにも白髪を染めました!というのが嫌な方にとっては、
徐々に染まるという弱点もメリットになるでしょう。

 

ナチュラルな仕上がりを評価されている口コミも多く見られました。

 

 

泡のヘアカラー ランキング

 

泡のヘアカラーで人気が高くおすすめの商品は?

泡のヘアカラー おすすめ 画像自宅で手軽に白髪を染めることが

できると人気の泡のヘアカラー。

 

色んな種類の泡のヘアカラーが販売されているので、
どれを選べばよいか?迷ってしまわれるでしょう。

 

そこで、この記事では、人気の高い泡のヘアカラーを
いくつかピックアップ、ご紹介しておりますので、
購入の際の参考にしていただければと思います。

 

 

LpLpへアカラーフォーム

LpLpへアカラーフォーム 画像

 

LpLpへアカラーフォームは、男女共に
使用できる泡のヘアカラーです。

 

染料として、藍や紅花、クチナシなどの天然成分
配合、化学染料を使わず、髪や頭皮に負担が
少なく染められると人気となっています。

 

また、トウモロコシ由来のZeinという成分が
配合されていて、色落ちを防ぎつつ、髪にハリを
与えてくれるので、白髪だけではなくボリュームも
気になる方にお勧めなんです。

 

さらに、昆布由来のフコダインも含まれていて、
粘り成分の力で頭皮や髪の毛を保護、
染める際の負担を軽減してくれるのです。

 

 

ラサーナヘアカラー

ラサーナヘアカラー 画像

 

ヘアケアアイテムで人気の高いラサーナから
販売されている女性用の泡のヘアカラー。

 

海藻エキス等の天然の美髪成分が含まれています。

 

また、脱色しないタイプの泡のヘアカラーとなっていて、
過酸化水素を含まず、頭皮や髪の毛に負担をかけません

 

酸化染料に酸素が触れ、酸化という反応を利用して
髪の毛を染めるタイプの泡のヘアカラーです。

 

 

泡のレフィーネ

泡のレフィーネ 画像

 

泡のレフィーネには、天然成分が26種類配合されていて、
頭皮や髪の毛を守りながら染められる泡のヘアカラー。

 

色の種類は選べませんが、シャンプー後、
タオルドライした髪の毛に使えるので、お風呂で
手軽に使えると、人気があります。

 

 

シエロムースカラー

シエロ ムースカラー 画像

 

シエロムースカラーは、1液と2液を混ぜる、
2剤式の泡のヘアカラーですが、自分で
混ぜる必要はなく、ボトルを振るだけで
混合液ができるので、簡単に使用できます。

 

髪を脱色して、色をつけるタイプなので、1回の
使用で白髪をしっかり染めることができます。

 

アロエエキスや海洋コラーゲンが含まれていて、
髪の毛のことも、しっかり配慮されています。

 

 

ブローネ 泡カラー

ブローネ泡カラー 画像

 

シエロと同様、2剤式となっいて、一度脱色した
上で、白髪に色をつけるタイプの泡のヘアカラー。

 

アフターカラーケアパックがセットとして
付いているのが人気の秘密。

 

全色22種類から選ぶことができるのもポイントで、
好きなカラーに染めることができます。

 

 

最も人気が高いのはLpLpへアカラーフォーム

LpLpへアカラーフォーム 画像

 

以上、いくつか人気の泡のヘアカラーをご紹介してきましたが、
最も人気が高いのは、LpLpへアカラーフォームです。

 

1回でしっかり白髪を染めるタイプではないのですが、
その分、頭皮や髪の毛への負担が少ないのが人気の理由。

 

白髪が気になると、どうしても何度も染めないと
いけないので、髪の痛みは非常に気になるところ。

 

その悩みを解消してくれるのはポイント高いですね。

 

LpLpへアカラーフォームは、公式通販サイトのみ
取扱になりますが、お得に購入できるようになって
いるので、ぜひ一度見てみて下さい。

 

 

泡のヘアカラー ランキング

 

 

泡のヘアカラーランキングで人気の商品は?

泡のヘアカラー ランキング 画像自宅で気軽に白髪を染められる

として、人気の泡のヘアカラー。

 

ランキング上位に入っている商品を
比較、何点か紹介したいと思います。

 

 

 

天然染料原料の髪や頭皮に優しいLpLpへアカラーフォーム

LpLpへアカラーフォーム 画像

 

白髪染めやカラーリングには、化学染料が
入っていることが多い中、LpLpへアカラーフォームには
天然由来の染料が使用されています。

 

脱色して染めるタイプと比べると、どうしても染色力は
落ちますが、髪に優しく染められるのがメリットです。

 

藍や紅花、クチナシの発色に優れた天然染料が使用されて
いて、髪の毛を傷めることなく白髪を染められるのが魅力。

 

さらに、グリセリンやフコダイン、ヒアルロン酸Na等、
頭皮や髪の毛を保護する7種類の保湿成分
含まれるのも人気の秘密です。

 

また、髪の毛を一度脱色して染めるタイプの泡の
ヘアカラーに配合される過酸化水素などの脱色剤が
入ってないので、髪へのダメージを軽減できます。

 

 

2剤式で白髪をしっかり染める泡のヘアカラー

ブローネ泡カラーやシエロ ムースカラーは、
先に紹介したLpLpへアカラーフォームなどと
違って、一旦髪を脱色してから色を付ける
タイプの泡のヘアカラーです。

 

それで、LpLpへアカラーフォームと比べたら、
1回使用しただけでも、白髪がしっかり染まります。

 

また、脱色せずに髪の表面付近に色を付ける
LpLpへアカラーフォームは、もともとの髪色より
明るくすることはできませんが、2剤式の泡のヘアカラー
は、脱色するので髪色を明るく染めることができます

 

髪色を明るく、白髪を1回でしっかり染めたい
方にぴったりの泡のヘアカラーだと言えます。

 

また、2剤式となっているブローネ泡カラーと
シエロムースカラーにも、違いがあります。

 

ブローネ泡カラーは、1液と2液を混ぜて
混合液を作る手間があります。

 

でも、シエロムースカラーの方は、ボトルを
振るだけで液が混ざるようなつくりになって
いるので、手軽に使えるのが魅力です。

 

 

男性用の泡のヘアカラー

泡のヘアカラー ランキング 画像

 

白髪を染めるメカニズムは、男女ともに
一緒なので、男性が女性用泡のヘアカラーを
使っても特に悪いことはありません。

 

男性用と女性用を比べてみると、女性用の方が、
色の展開が多く、放置時間が長めのようです。

 

男性用は、黒色、そして落ち着いた茶色が主で、放置
時間がより短く、手軽に染められるようになっています。

 

男性にお勧めの泡のヘアカラーとしては、サクセスの
ステップカラーや泡のヘアカラーEXがあります。

 

 

ランキングでナンバー1の泡のヘアカラーは?

泡のヘアカラー 画像

 

人気の泡のヘアカラーはいくつかありますが、
最もお勧めなのは、LpLpへアカラーフォームです。

 

1回でしっかり染めることはできなくても、何回か使う内に、
髪や地肌に優しく白髪を染めていくことができます。

 

カラーリングを繰り返すと、どうしても髪の毛のダメージが
気になるので、その優しさが選ばれている理由のようです。

 

髪の毛に優しく白髪ケアしたい方には、
本当にお勧めの商品なんですよ。